「愛は決して謝らない」(ラブストーリーより抜粋)。この人生には、決して消すことのできないものがあります。それは信仰であり、希望であり、活力であり、愛の火です。何世代にもわたる作家や詩人を通して。人間文学の多くの段階を通じて、愛のテーマは永遠に作家にとって無限のインスピレーションの源です. その愛は文学や作品に入り、そこに含まれる人間的価値と永続的な美しさのために不滅になります は、愛について書かれた最も有名な文学の古典のリストをあなたに送りたいと思います。

とげの茂みで鳥がさえずる音

作品を原作とした映画の俳優

「愛が美しいのは愛が未完成のときだけだ/人生は誓いが果たされたとき楽しくない」という言葉をよく耳にします。逆説的に聞こえます。本質的に、愛の完全性と充実性は、私たちの誰もが望む美しい結末です。しかし別の側面では、完全な愛の美しさは、未完成の愛の美しさとは異なります。後悔です。

何十年にもわたって「とげの茂みに鳥がさえずる音」という作品を参照して、美しいが悲劇的な愛に心を痛めているのは、その容赦ない後悔と苦痛のせいです。物語は、メギーと司祭ラルフの愛についてです。彼らの愛は素晴らしいものですが、痛みと不幸にも満ちています。その痛みは、地位、地位、さらには社会の支配から来ています。男と女の愛に巻き込まれる司祭を、人々はまだ受け入れられない。彼らは抗議し、非難し、恋人たちを引き離します。メギーは、ルーク・オニールと結婚して彼女の愛を永遠に葬ることで、自分の気持ちを忘れようとしました。しかし、メギーとラルフ神父が再会したとき、彼らの間に激しい感情が長い間続くとは誰が想像できたでしょうか。そして、そこから悲劇が始まりました。

作品の序文には、次のような一節があります。とげのある枝の中で 歌をうたう 一番長く鋭いとげに 胸を突き刺す 言葉にできない痛みの向こうに 歌って消えていく 喜びの歌 その喜びは二人の羨望に値するナイチンゲールとナイチンゲール. 唯一無二の歌 人生と交換しなければならない歌. しかし、全世界は静かに耳を傾けており、天国の神も微笑んでいる.少なくとも伝説によれば」痛みがあっても、不幸であっても、恋人たちは常に克服し、すべてを犠牲にして再会する。真の愛でしかありえません。

SEE ALSO  トップ7の古典的な児童文学

ハウリング・ウィンド・ヒル

映画「嵐が丘」のワンシーン

愛について書かれた古典的な文学作品を参照すると、英文学の傑作である「Wow Hill 」に言及せずにはいられません。「。相反する、不幸だが非常に強烈で情熱的なラブストーリー。それはロマンスの感情的な流れではなく、甘くて滑らかですが、感情回路の各流れです。最も情熱的で、激しく、やや「ワイルド」です。キャサリン・アーンショーとヒースクリフの愛は、憎しみ、絶望、極度の激しさで構成されていました. キャサリンの父親はヒースクリフを息子として育て、彼を息子として扱いました. キャサリンとヒースクリフの間に愛が生まれました.嫉妬、怒り、憎しみが彼らを苦しめ、苦しめます。

おそらく、キャサリンとヒースクリフのラブ ストーリーは、多くの人が「死は始まりに過ぎない」とコメントしたとおりです。二人の不幸な魂がお互いを見つけ、まだ心に残っている愛の感情を追体験する始まり。
作品「嵐が丘」の最後のページを折りたたむことで、私たちの心に残ったのは、執着という2つの言葉だけでした。激しく、しかし苦しい愛に悩まされています。

赤い部屋の夢

赤い部屋の夢

中国の「4大傑作」の1つと考えられている作品「紅楼夢」は、特に中国文学だけでなく、世界文学全般においてその価値を確認しています。同時に、その作品には深い人間的価値が含まれているため、読者の心に消えない痕跡を残しています。

「ドリーム レッドハウス」は、ジャ バオ ゴックとラム ダイ ゴックの間の問題を抱えたラブ ストーリーです。彼らは、明王朝の有名な家族の2人の兄弟姉妹です。彼らの愛は、多くの前世からの運命的な関係であり、「私の人生のすべての涙を彼に返す」という誓い.そして強烈で、彼らはまだ受動的であり、社会的偏見と家族の支配の輪にとらわれており、千年間苦しんでいます。

SEE ALSO  史上最高の文学作品トップ5

愛は幸せな道の終わりに行くことができ、完璧な結末を迎えることができ、2つの心の間の調和と調和に加えて、家族と社会的要因も寄与することがわかります.支配的な部分. これらの先入観が原因で、多くの恋愛関係が壊れ、私たちに多くの悲しみと後悔を残しています。Jia Bao Ngoc と Lam Dai Ngoc の間のラブ ストーリーは完璧な結末ではありませんでしたが、2 人の恋人の間の強烈で深い感情は永遠に刻み込まれ、映画に消えない痕跡を残しました。

風と共に去りぬ

風と共に去りぬ

真の愛は、いつでも、どんな状況でも、常に情熱的な生命力で生まれます。「風と共に去りぬ」は、スカーレット・オハラとレット・バトラーとの恋愛を、これまで以上に情熱的かつ強烈に描いた作品です。生と死の境界線の間の激しい戦争の中で、信仰と高貴な愛は常に原動力であり、人々が運命を克服し、挑戦し続けるための原動力です。あらゆる困難にもかかわらず、多くの障害にもかかわらず、恋人たちの足音がお互いを見つけるのを止めることはできません。

この人生では、何が永遠であるか、永遠であるかを確信することはできません。この瞬間に愛し、愛され、一緒に戦い、困難を乗り越え、あなたの愛にたどり着くことが常に最善であることを知っておいてください. 永遠の愛を約束する必要はありません。ただ、誠実で、忠実で、心からの心です。

SEE ALSO  自宅で日本語を学ぶ最も効果的な方法トップ5

スカーレットとレットのラブストーリーの深い感情回路に加えて、この作品は祖国への愛と人間の生きる意志についても語っています。これらの深遠なヒューマニズムと哲学的価値を伝えることで、「風と共に去りぬ」は、史上最高の古典小説の 1 つとして挙げられるに値します。

ノーイの森

ノーイの森

「ノルウェイの森」は、世界で最も有名な愛に関する古典文学の 1 つです。徹、直子、みどりの三角関係の重なり合う感情回路は、人間の感情の複雑さを見せてくれます。本質的に愛には欠点がなく、運命と運命のせいで一人一人がバラバラになっています。

混沌とした生活、多くの誘惑と選択は、一人一人の感情に大きな影響を与えてきました. 『ノルウェイの森』は、そんなカオスが絡み合い、積み重なっていく物語。人間の心理と欲求の複雑さ。しかし、私たちの中に残っているのは、かつてすべてのものと見なされていた人物のイメージの痕跡です。愛は今もそこにあり、一人一人の記憶に刻み込まれています..

小説『ノルウェイの森』は、日本文学に新しい風を吹き込むとともに、諸外国にも大きな影響を与えました。そこから、読者と視聴者が愛と人間の心理学の概念について新しい視点を持つのに役立ちます. 作品がもたらす文学的価値により、「ノルウェーの森」は、古典小説に情熱を傾ける人々にとって確かに合理的な選択です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です